加齢臭とタバコ(喫煙)

加齢臭タバコ喫煙

 

加齢臭の原因の一つに喫煙(タバコ)があります。

 

加齢臭は、体内の脂肪酸がコレステロール中性脂肪などと結合して酸化
する事によって発生する体臭です。

 

喫煙(タバコを吸う行為)は「活性酸素」を多く生み出し、ひいては
体内の脂肪酸と中性脂肪などの結合・酸化を促進する「活性酸素」を
多く生み出し、ニオイを加速させてしまうのです
 
タバコには、有害なニコチン、タール、一酸化炭素などが含まれており
女性にとってお肌の、健康の、そして加齢臭の大敵です。

 
女性の喫煙は、加齢臭を感じるようになる頃から、肌のくすみや
毛穴の拡張、口臭、健康…などのさまざまな害も現れてきます。

 

喫煙者の場合、加齢臭対策を行うならば、

まず活性酸素を多く生み出すタバコをやめることから検討してみましょう。

 

 

禁煙を心がければ、加齢臭だけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞
などのリスクを回避することにもつながります。

 

プロフィール

加齢臭が気になり出した40代女性。ある日突然ふわりと香った臭いに愕然… 以来、対策と予防を心掛けている今日この頃

加齢臭対策と予防

加齢臭対策の特集

リンク集

サイト内検索

加齢臭対策の特集

ページの先頭へ