加齢臭の原因「ノネナール」

加齢臭原因ノネナール

 

加齢臭の原因「ノネナール」は、皮脂腺の中の「バルミトオレイン酸」
という皮脂が酸化・分解してできる物質です。

 

中高年になると「バルミトオレイン酸」という皮脂が増加し、これが
酸化・分解して、結果的に加齢臭の原因である「ノネナール」も増加
するためニオイが強くなるのです。

 

皮脂の酸化はストレスとも強い関係があります。
無理なダイエットや、心的にストレスの強い状態にある場合など、年齢、
性別によらず、加齢臭と呼ばれるような臭いが発生する場合もあります。

 


Page 2 of 2 /12
 

プロフィール

加齢臭が気になり出した40代女性。ある日突然ふわりと香った臭いに愕然… 以来、対策と予防を心掛けている今日この頃

加齢臭対策と予防

加齢臭対策の特集

リンク集

サイト内検索

加齢臭対策の特集

ページの先頭へ